2020 兵庫県建築健康保険組合

健康保険制度とは



健康保険制度は、被保険者および被扶養者の業務上以外の疾病、負傷もしくは死亡、出産に関して保険給付を行い、国民生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする制度です。

健康保険組合とは



健康保険組合とは、1つまたは2つ以上の会社や工場で、常時700人以上(同業種の会社などが共同で設立する場合は合計で3,000人以上)の従業員が働いているところで、厚生労働大臣の認可を得て設立することができるものです。

当健康保険組合は、一般社団法人兵庫県建設業協会と公益社団法人兵庫県建築士会を母体として、兵庫県下の建設業及び設計業の業界に働く従業員とその家族の方の、健康の保持増進・福祉の向上を図るために、昭和46年5月1日に設立されました。

健康保険料について



健康保険組合は事業主と被保険者の代表により、自主的、民主的に運営されており、健康保険料についても独自で民主的に決定されています。
健康保険料の月額表はコチラを参照してください。

(令和2年4月1日現在)
名称 兵庫県建築健康保険組合
設立年月日 昭和46年5月1日
事業所数 172所
被保険者数 3,995名

   男子:3,361名
   女子:  634名
平均標準報酬月額 373,794円
保険料率 健康保険(令和2年3月1日現在)
  101.00/1000  (事業主50.50/1000 被保険者50.50/1000)


介護保険(令和2年3月1日現在)
    17.3/1000 (事業主8.65/1000 被保険者8.65/1000)