被扶養者の条件



被保険者の家族(被扶養者)が増えた場合は、「被扶養者(異動)届」を事業主を経由して当健康保険組合に届け出てください。
被扶養者として認められるためには、以下の条件に該当している必要があります。

被保険者との同居が不要な場合 ・配偶者
・兄弟、姉妹
・子、孫
・父母、祖父母などの直系尊属
被保険者との同居が必要な場合 ・上記以外の3親等内の親族(※1)
・内縁関係の配偶者の父母および子(※2)
 ※1 伯父、伯母、叔父、叔母、甥や姪とその配偶者 等
 ※2 当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む


被扶養者の認定について



被扶養者として認められるためには、以下の全てに該当している必要があります。

被保険者によって、主に生計を維持されていること年間の収入(※1)が130万円未満(※2)であること
同居の場合は、収入が被保険者の収入の半分未満(※3)であること
別居の場合は、収入が被保険者からの仕送り額未満であること
※1 被扶養者の収入には、失業給付、公的年金、傷病手当金や出産手当金等も含まれます。
※2 60歳以上または障害者の場合は、年間の収入は180万円未満
※3 収入が被保険者の半分以上の場合でも被保険者の収入を上回らないことを前提に、当健康保険組合がその世帯の生計の状況を総合的に勘案
    し、被保険者がその世帯の生計維持の中心的役割を果たしていると認めるときは被扶養者となることがあります。


入社したとき   退職したとき   家族の加入について   出産したとき   病気・けがをしたとき   交通事故にあったとき   死亡したとき   保険証を無くしたとき